ページトップへ

塩山の匠 | 兵庫県 工務店 注文住宅 高気密高断熱 オール電化 塩山工務店

塩山の匠

塩山の匠

「とにかく真面目」
「塩山に任せておけば間違いない」。

塩山工務店の信用を腕一本で支えてくれている塩山の匠たち。
目立たず出しゃばらず、黙々と為すべきことをするという彼らの姿勢が、美しい家を生み出しています。
一朝一夕では手に入らない、かけがえのない私たちの財産です。

 

 

大工 井戸川 博美

大工 井戸川 博美

「モットーは和気あいあい。でないと続きません」

宮崎県から出てきて大工になってもう40年になります。
塩山工務店では最古参で、20年くらいになりますか。
これだけ続いたのは塩山の社風が和気あいあいとして、上下の区別がないから。現会長も仕事には厳しいけど気さくな人でね。給料日には必ず飲みに行ったものですよ。
だから私も和気あいあいと仕事をすることをモットーにしています。

大工になってよかったと思うのは、お客様のお家の小さい子どもさんが「大工さん、ありがとう」と言ってくれる時。
釘袋のつもりでお母さんのポシェットを肩から下げて、耳に鉛筆を差したりしているのを見ると、もう可愛くってね。目尻が下がりっぱなしになってしまうんです。

 

大工 奈義良 房雄

大工 奈義良 房雄

「大工は天職。塩山さんとは苦労をともにした仲」

子どもの頃から杉やひのきの匂いが好きでね。ものを作ることも好きだったから大工は天職だと思っていますよ。
"大工ばか"っていうのかね(笑)。でも家というのは車と違って、ちょこちょこ建てるわけにはいかんでしょ。
だから念には念を入れてつくらにゃあ、お客様に恨まれるじゃないですか。だから出来上がって「ああよかった」と言ってもらえるのが一番のご褒美。疲れが吹き飛びます。

塩山の会長さんとはFPの家に取り組むときに、一緒に苦労した仲。厳しい人だけど、義理人情に厚いところがあってね。阪神淡路大震災でうちの家がだめになった時に、住むところを提供してくれたんですよ。
あまり口には出さんけど、恩義には報いなきゃと思っています。

 

大工 奈義良 茂樹

大工 奈義良 茂樹

「大先輩の親父に追いつけ追い越せ・・・るかな?」

小学校5年生の時の作文に「お父さんみたいな大工になります」って書いたことがあって、困ったことにそれをまた親父が覚えてるんですよ(笑)。でも父の現場はよく自転車で見に行ったりしていたから、やはり自分も大工の仕事が好きなんでしょうね。

この仕事は奥が深くて、なかなか親父には追いつけないけど、それだけにやりがいはありますね。一人前になるまでは黙って頑張りたいと思います。

 

建具 坊 淳

建具 坊 淳

「すぐ歪むような家には私たちの建具は入れられません」

うちは私で三代目で、ずっとオーダーの建具をつくってきました。仕事柄、家の構造がしっかりしているかどうかはひと目見ればわかります。 だってすぐに歪むような家では建具もきれいに入らないでしょ(笑)。
塩山さんとは現会長の前の代からおつきあいさせていただいていますが、建てる家は見た目にもしっかりとしてきれいだし、実際に測ってみると、寸分の狂いもない。さすがですよ。

私たち建具屋の仕事は、大工さんが丹精こめて建てた家の最後の仕上げ。いわばお化粧のようなもの。素顔のきれいな家を工務店さんが建ててくれて初めて、私たちの仕事も生きるんです。
だからこれからもずっと、気持ちのいいお付き合いをさせていただけるように私自身も精進しなくてはと思っています。

 

左官 奥仲 照夫

左官 奥仲 照夫

「思い切り時間をかけて一世一代の仕事をするのが夢」

左官の仕事というのは壁1枚塗れるようになるのに4、5年はかかるので、下積みがいやだという人にはまず無理ですね。
しかも雨や雪の日には仕事ができないし、夏場は早く乾きすぎ、冬はなかなか乾かないなど、お天気に泣かされることも多くて、こうやって話していると、なんで好きこのんで左官になったんだろうと思えてくるくらいですよ(笑)
ま、それでも続けているのはやっぱり好きだからとしか言いようがないです。

でもね、大工さんが時間をかけて丁寧につくった壁を、こちらもじっくりと仕上げる時には本当にやりがいがありますよ。そういう仕事も最近減ったけどね。
一度時間制限も何もないところで思い切りやりたいなあ・・。塩山さんの家づくり?もちろんいいですよ。うちも建てて貰いましたもん。このあたりでは一番だと思いますね。