HOME > ブログ > 寒暖差アレルギーと高性能住宅

寒暖差アレルギーと高性能住宅

2021-09-24

この時期の三田市や丹波篠山市は昼間と夜間の寒暖差が、

非常に大きくなります。

(なので枝豆が大きく育ち、おいしいらしいのですが・・・)

 

 

大きな寒暖差が生まれやすい季節の変わり目などでは、急な温度変化により

この体内の調整がスムーズいかなくなってしまいます。

 

これによって、鼻水や鼻づまりといった風邪やアレルギーに似た症状を

発症することが解っています。

 

この「寒暖差アレルギー」の対策には、筋肉量や食生活なども大切ですが、

何より体温の調整が必要です。

 

例えば暖かい室内から、温度差のある屋外に出るときには、服を着込んで

温度差を解消することができます。

しかし問題は、意外にも大きい住宅内における温度差です。

 

安心してリラックスできるはずの住宅でも、寒暖差アレルギーは起こります。

 

 

気密性の低い現在の一般住宅では、住宅内の室温を一定に保つことができません。

そのため、住宅の室内の温度差は、暖房をつけている部屋とそうでない部屋では大きなものになります。

暖房で温まっているリビングが20度とした場合、廊下やトイレなどの室温は数度まで下がります。

その温度差の大きさは、7度を遥かに上回り、不快な寒暖差アレルギーが出やすい状況を作り出します。

 

        
生命維持活動に大切な自律神経の働きや、「寒暖差」が人体に与えるストレス

を考えても、室温を一定に保つことが非常に大切であることがわかります。

「寒暖差アレルギー」には、自律神経の働きが大きく関与しています。

大きな温度差というものは、それだけ人間にとって大きなストレスとなりますが、

当の人間にはあまり認識されていません。室内における温度差は、アレルギー

だけでなく、血圧にも大きく影響し、ヒートショックによる心筋梗塞や

脳梗塞と行った症状も引き起こす原因にもなります。

 

 

高断熱・高気密設計の住宅が健康に貢献する理由は、住宅内の室温を一定で温暖に保ち、

室内に急激な温度差を生まないという点です。
 

「寒暖差アレルギー」を始めとした温度差のストレスによる症状は、

高気密・高断熱住宅なら防げます。

 

 

 

 

塩山工務店は兵庫県三田市を中心に、高気密・高断熱 そして無垢材・自然素材を使った木の家、注文住宅をつくる工務店です。採光・通風、素材、構造・断熱などの性能、動線、シックハウス、コストに配慮した注文住宅・新築一戸建て・建替・リフォームを行っています。

 

(施工エリア)

三木市・小野市・西脇市・加西市・加東市・芦屋市・西宮市・尼崎市・宝塚市・伊丹市・淡路島など

TEL. 0120-965-886
受付/9:00~17:00

〒669-1528 兵庫県三田市駅前町10-18

  • Twitter|ツイッター
  • YouTube|ユーチューブ
  • 三田カルチャータウン
  • 長期優良住宅
  • 一般社団法人JBN
  • 兵庫村
  • フラット35
  • ひょうご木づかい王国
  • Facebook
  • Instagram
  • FPの家
Copyright© 注文住宅 リフォーム専門 塩山工務店 三田本店. All Rights Reserved.