STRONG丈夫さが違います

HOME > 丈夫さが違います

丈夫さが違います

 

基礎が大切だからこそ、地元の土地に詳しい工務店

 

塩山工務店のつくる家は・・・

  • 冬の寒さや夏の暑さから解放されたおだやかな温度の家。
  • 常にきれいな空気が流れている家。
  • “丈夫で長持ちする”家。

頑丈な家をつくるために大切なのは基礎です。地盤調査を行い、その土地に合わせた基礎を施工することが重要です。どんなに頑丈な構造の家でも基礎の施工が不適切であれば、耐震性や耐久性は十分に発揮できません。ですから、地元の土地に詳しい工務店を選はれることをおすすめします。

塩山工務店のつくる家

 

丈夫な家は命を守り、環境を守ります

基礎だけでなく、床や壁などの構造にも注目してください。塩山工務店がつくる家は、柱が立ち上がった時点で「FPウレタン断熱パネル」を組み込んでいきます。このパネルは、断熱材としてだけでなく、地震や台風などの自然災害からも家を守る構造材です。ですので、その分壁が強化されるのです。

丈夫で長持ちする家は、家族の安全を守ることや家の資産価値を高めることにも繋がります。

 

地盤調査の必要性

地盤調査の必要性

地震などの自然災害から家族を守り、いつまでも安心して暮らせるよう、地盤調査は必ず行う必要があります。

地盤調査の目的は、地盤が構造物を安全に支持できるか、そして安全に支持するための方法を技術的に調べることです。調査結果から、地盤を客観的に評価して安全性を確認しましょう。そして、必要があれば適切な地盤改良工事を行いましょう。

家族が安心して暮らせる、安全な家をつくるためにも地盤調査はとても重要です。

 

壁パネル施工の流れ

1.床・柱の施工

1.床・柱の施工
軸組工法の場合、構造柱が立ち上がった段階でFPパネルを組み込む作業を行います。

2.FPパネルを組み込む

2.FPパネルを組み込む
FPパネルの制度は高く、現場で組み込みをしてもほとんど隙間はできません。

3.気密テープで仕上げる

3.気密テープで仕上げる
組み込み後に気密テープを貼って仕上げます。

TEL. 0120-965-886
受付/9:00~17:00

〒669-1528 兵庫県三田市駅前町10-18

  • Twitter|ツイッター
  • 三田カルチャータウン
  • 長期優良住宅
  • 一般社団法人JBN
  • 兵庫村
  • フラット35
  • ひょうご木づかい王国
  • Facebook
  • Instagram
  • FPの家
Copyright©塩山工務店. All Rights Reserved.