COLUMNコラム

HOME > コラム

コラム

気密と断熱はセット

高気密との関係 高断熱住宅は、多くの場合「高気密」という性能も兼ね備えています。 たとえば真冬にダウンジャケットを着ても、首元に隙間が空いていては寒いものです。同じように、壁内、床下、天井裏、屋根裏などに分厚い断熱材を設置することで断熱性を高めても、石膏ボード同士の間や壁と窓サッシの間にほんの少し隙間があれば、そ...

高気密な家とは

高気密な家とは 在来工法(木造軸組工法)で建てられた木造住宅。腕のいい大工さんが丁寧に建てたとしても、壁や天井、床、窓枠などに、ちょっとした隙間が空いているもの。隙間風を感じるほどではなくても、目に見えないくらいの隙間から空気は出入りします。そのため、冬には外の寒い空気が入りこみ、室内のあたたかい空気は外へ出て...

資産価値としての断熱性能

以前ですと一般的には築20年で建物価値がなくなるといわれてきました。 ただし現在ではインスペクションなどの制度により、リノベーションの「価値」が見直されてきているために、築20年以上でも「価値」のある住宅、またはリノベーションがされている場合は、「資産価値」として販売価格が上がっているケースが増えてきました。 明...

雪の日でわかる断熱性能

写真は雪が積もった日の写真です。 しっかり屋根断熱している家Bは、家の中の熱が外部に逃げない為 雪が積もります。 逆に手前の家Aは屋根断熱が不十分なため、家の中の熱が屋根に伝わり 雪が解けています。 是非雪の日は屋根をチェックしてみてください!

ヒートショックにご用心!

冬期間の脱衣所、浴室、廊下などの寒さは不快であるばかりでなく、ヒートショックを起こす確率が高くなります。「ヒートショック」とは、「暖かい部屋から寒い部屋への移動など、温度の急な変化が体に与えるショック」のことで、たいへん多い入浴中の死亡事故の原因の一つとされています。 「FPの家」は、建物全体がまるで魔法瓶に包まれ...

寒すぎる日本の家!

【ヒートショック】数字でみる「ココが変だよ!!」日本の家(寒すぎる家編) ←クリック     ようやく本格的な冬が待ち受けてますが、今年の冬はどうなるでしょうか? 今年1年はコロナで振り回されましたが、寒い冬だと、 乾燥して一層広がりやすく思えます。   もともと日本の家は...

コラム

現在準備中です。 しばらくお待ちくださいませ。

TEL. 0120-965-886
受付/9:00~17:00

〒669-1528 兵庫県三田市駅前町10-18

  • Twitter|ツイッター
  • YouTube|ユーチューブ
  • 三田カルチャータウン
  • 長期優良住宅
  • 一般社団法人JBN
  • 兵庫村
  • フラット35
  • ひょうご木づかい王国
  • Facebook
  • Instagram
  • FPの家
Copyright© 注文住宅 リフォーム専門 塩山工務店 三田本店. All Rights Reserved.