HOME > ブログ > 冬の高気密・高断熱住宅の過ごし方

冬の高気密・高断熱住宅の過ごし方

2021-10-16

 

 

 

冬暖かい住宅における「冬の過ごし方」

明日からぐっと冷え込むそうですね。

いよいよ高気密・高断熱住宅の威力が発揮される時期が到来します。

 

冬暖かいと言われる高気密高断熱の家は、断熱性の高くない家と比べてどうして暖かいのでしょうか?

高気密高断熱の家では、家の中の熱が外に逃げにくい、魔法瓶のような構造になっています。

そのため、家の中が一度暖かくなるとなかなか家の中の室温が下がらないのです。

一方、断熱性の高くない家では、部屋の中を温めても、暖かい空気がどんどん逃げてしまい、

部屋の暖かさをずっと保つことは難しくなります。

この違いは暖房効率にも現れ、なかなか熱の逃げない高気密高断熱の家では、一度部屋が温まれば

あとはその室温を維持するだけなので、暖房費も抑えることができるのです。

 

 

高気密高断熱住宅の暖房事情

 

高気密高断熱の家では家の外に熱を逃がさないので、冬の寒さを凌ぐために必要なエネルギーは、

断熱性の高くない家に比べてはるかに小さくて済みます。

極端なケースだと、高気密高断熱の家では、手動で温度を調整するような古いタイプのストーブだと、

熱を不要に排出することになってしまいます。

そのため、高気密高断熱の家では室温に応じての自動調節機能のついた暖房器具がマストアイテムになります。

 

高気密高断熱住宅の電気代を下げる方法

 

高気密高断熱住宅において、電気代を抑えるための様々な工夫は不要になります。

「エアコン24時間つけっぱなし」でも、一度温度を快適な気温にすればあとはそれを維持するだけなので、

マンションやご実家などのお住まいに比べて、驚くほど電気代が安くなるでしょう。

もちろん、より効率的な電気消費を考えていく上では、HEMSを活用した省エネ・創エネのコントロールは

必要になってきますが、高気密高断熱の家に住まうだけでも、光熱費を抑える工夫ができていると言っても

過言ではないでしょう。

塩山工務店では、C値0.44以下という高気密な家づくりをしております。

高性能なお家をご検討されておられる方はぜひ相談ください。

 

 

 

 

 

塩山工務店は兵庫県三田市を中心に、高気密・高断熱 そして無垢材・自然素材を使った木の家、注文住宅をつくる工務店です。採光・通風、素材、構造・断熱などの性能、動線、シックハウス、コストに配慮した注文住宅・新築一戸建て・建替・リフォームを行っています。

 

(施工エリア)

三木市・小野市・西脇市・加西市・加東市・芦屋市・西宮市・尼崎市・宝塚市・伊丹市・淡路島など

TEL. 0120-965-886
受付/9:00~17:00

〒669-1528 兵庫県三田市駅前町10-18

  • Twitter|ツイッター
  • YouTube|ユーチューブ
  • 三田カルチャータウン
  • 長期優良住宅
  • 一般社団法人JBN
  • 兵庫村
  • フラット35
  • ひょうご木づかい王国
  • Facebook
  • Instagram
  • FPの家
Copyright© 注文住宅 リフォーム専門 塩山工務店 三田本店. All Rights Reserved.